里山屋

里山屋は巣箱の場所を厳選します。たくさん蜂蜜を採蜜できるところよりも、おいしい蜂蜜が採れる場所でしか養蜂をしない。これが里山屋の蜂蜜へのこだわりです。

宮崎農園

当園長は、2010年3月に高校教師を定年退職し、農業従事者として第二の人生をスタートしております。当面は、レンゲ利用農業、言い換えれば「レンゲを核にした農業」の取り組みを目指しています。

福田養蜂場

50ha(東京ドームの10倍の広さ)のれんげ畑を作り、蜜源の確保をするとともに、れんげの花の開花時期からアカシアの開花時期までに働き蜂が最も多くなり、十二分に力を発揮できるよう1年を通じて蜂蜜の管理に努めています。